高知県安芸市より、焼きナスのアイスなど、こだわりの品々をお届けします。

ご利用ガイド お問い合せ 法令に基づく表示
とさVegiアイス マフィン&クッキー 私たちのこと 店舗情報 ご注文

ごあいさつ

 ふぁーむの発端は、安芸市の異業種の青年たちが、安芸市の町おこしのために何かできないかと考え、行動をおこした結果です。
 小さいながらも企業であり、法人化してはいるものの、私たちは今も昔も変わりなく、地元の活性化のために走り回っています。

 商品はもちろんですが、地元安芸市のことや、私たちのこともPRしていきたいと考えています。

 地元に密着した企業であり続けることにこだわる会社、それが「安芸グループふぁーむ」です。

 私たちはこれからも、安芸を発信し続けます。

会社名 有限会社 安芸グループふぁーむ
所在地 〒784-0032
 高知県安芸市穴内乙685-2
TEL. 0887-35-2620
FAX. 0887-35-3671
e-Mail
事業内容 アイスクリーム、菓子の企画・製造・おろし販売小売業


■ 私たちの目標
 安芸市は人口の減少にともない、ほとんどの産業分野においてマイナス成長になっています。

 安芸市の地場産業の中核的な役割を担う農業分野では、海岸近くの平坦地は施設園芸を、中山間地はユズを中心にしており、そのシェアは全国的にも高い位置を占めています。しかし、高齢化と後継者不足が急速に進行しており、中山間地域では、集落の機能維持が困難になってきています。
 このまま何の対策も講じなければ、20年後には地場産業としての農業は「産地」としての形態を維持することも困難な状況です。
 農業がこのまま地盤沈下を起こすと、安芸市のほかの産業への影響も少なくないでしょう。

 また、商業の面でも周辺町村から多くの買物客を集める商業の集積機能を持っていましたが、生活様式の多様化やモータリゼーションの進展によって、集客力の低下が続いています。そして、市街地構造の変化や大型店の誕生、街路整備の遅れなどが重なり合い、国道55線沿いのロードサイド型新商業集積地が成長を続けるなか、特に本町通り等、安芸市中心の商店街において地盤沈下が激しくなっています。そこで現在の顧客ニーズに対応した商業施設を目指し、なをかつ周辺地域への都市サービスの拠点としての機能をはたすべく、街路整備に合わせた中心商店街の近代化、活性化、街並の整備などの事業が始まっているところです。

 その一方で、周辺地域への県内外大手資本による郊外型大規模商業集積への出店も計画されています。これからの大規模店舗は、20,000〜30,000平方mが標準的な店舗面積となります。20,000平方mを越える規模の商業集積は、近郊市町村の商業地域を一変させるほどのものとなります。事実、香川県では、それらの大規模商業集積により、既存の多くの商店街や共同店舗が淘汰され、消え始めています。今後、計画されています野市や南国への出店が現実のものとなれば、安芸市の中心となる商業地である中心商店街への打撃は避けられません。

 そうした中、安芸市の新規就業者は、地元産業の求人が少なく、またその条件も良くないため、その半数以上は市外、県外に流出して、同じ産業内での同世代は非常に少なくなっています。そのため、地元の20〜30代の世代は産業の垣根を越えた交流をしています。そこでよく、話し合いの議題となることの一つに、安芸市の人口減小や高齢化、産業や文化、教育などの問題のある現状を打破し、活気を取り戻すため、一時的なイベント活動だけではなく、持続的で、若い世代が誇りをもって暮らせるような活動ができないだろうか?ということがありました。持続的な活動をする以上、魅力的な収入の道があることは当然の事として、他市町村にはない、安芸市の特色を活かしたソフトとハードを兼ね備えた施設があり、その存在が市外へ知られていなくてはならないことも、一つの条件でしょう。地元  小規模事業者による、市民に潤いと憩いの場を提供していく街づくりを成功させ、広域的な拠点となる安芸市にするためにも、訪れてみたくなり、安芸オリジナルの魅力あふれる、全国に誇れるほどの何かが、必要となるでしょう。

 そこで、私たちは次の目標を立てました。

  ※全国に安芸市をアピールできるものを中核的な産業である農業の関連分野で開発する。

  ※リピート客が毎年安芸市に訪れたくなるような魅力あるハードとソフトを整備する。

  ※地元の若者のみならず、訪れた人々が定住したくなるような魅力と収入のある空間を提供する。

  ※既存の価値観にとらわれない、都市生活者があこがれる程の安芸ならではの豊かさを発見する。


 そして、その実現ために、一つの夢を描きました。

 その昔、ネイティブアメリカンは、部族の重要な意思決定を7世代先のことを考えて行ったそうです。

 現在の私たちは、7世代後の子供達のために何を残すことができるでしょうか?

 7世代後に石油はあるのでしょうか?

 7世代後に熱帯雨林をはじめとする自然林はどれほど残っているのでしょうか?

 7世代後に廃棄物を処理する場所はあるのでしょうか?

 オゾン層は? 自然のままのきれいな川や海はどうでしょうか?

 何かを犠牲にした豊かさではなく、私たちは、永続的で共生できる豊かさを目指したいと思います。

このサイトについて   個人情報の取り扱いについて

(C)安芸グループふぁーむ  文章・画像などの無断使用や直接リンクなどはご遠慮下さい。