■ 身近に起こるトラブルについて
  No.1 メールによる身に覚えの無い料金請求について
 
  『身に覚えの無い料金請求』が届く事があります
     近頃、メールを利用した身に覚えの無い不当な有料情報料料金請求が送られるケースが多発しております。 これは上記の内容を不特定多数のメールアドレス宛てに送りつけ、根拠の無い請求を行なうという悪質な手口です。
このようなメールが届いた時には落ち着いて対処を行なって下さい。

個人情報を教えないで下さい
請求相手等に対して、自分の個人情報(氏名、住所、勤務先等)を教えないようにして下さい。 もちろん、メールにて返信も行なわないようにして下さい。
悪質な場合は警察等に相談しましょう
身に覚えの無い請求を執拗に迫ってくる場合は警察等に相談をして頂き、善後策をお聞き下さい。


  届いた時には・・・
    以下に関係省庁と団体のリンクを掲載いたしました。
届いた場合は以下のページを参考になさって落ち着いて対応をお願いします。

総務省
有料番組等の情報料の架空請求トラブル
国民生活センター
悪質な電話関係の「利用した覚えのない請求」が横行しています
高知県立消費生活センター
アダルト情報サービスの不当な料金請求