■ InfoRyomaのコンピュータウィルス情報 3
  No.3 ワーム型ウイルス[VBS_BubbleBoy]についての情報
 
  ワーム型ウイルス [VBS_BubbleBoy]とは
    ワーム型ウイルス [VBS_BubbleBoy]は最近発見されたコンピュータウィルスで電子メールを媒介に感染するウィルスです。
このウィルスの特徴は従来のウィルスではそのメールに添付しているプログラムを実行する事により感染していた物がメールを開くだけで感染してしまうという事です。
原因は『Visual Basic Script』を使って作成されたメールを配信している為、そのHTMLメール自体がウィルスプログラムとして感染活動を行ってしまいます。
 
  感染すると・・・
    感染後の経緯は次の通りです。
1. ウィルス付きのメールを開きます
2. コンピュータを再起動した後に『Outlook』もしくは『Outlook Express』に登録されている全てのメールアドレスに対して感染メールを自動配信します
 
  感染しない為には
    ・Internet Explorer5のセキュリティ設定を『高』にする
・Internet Explorer5のセキュリティパッチを適用する etc...
 
  詳しい情報は…
    下記ホームページをご覧になり、もっと詳しい情報をご覧下さい。
TREND MICRO社の『VBS_BubbleBoy』のページ
http://www.trendmicro.co.jp/company/news/news991111.htm

『VBS_BubbleBoy』の詳細と対策が掲載されています。
ネットワーク アソシエイツ社のページ
http://www.nai.com/japan/

ウィルス情報と除去プログラムが掲載されています。
Scriptlet.typelib および Eyedog 問題の修正プログラム(Microsoft社のお知らせ)
http://www.asia.microsoft.com/windows/ie_intl/ja/security/eyedog.htm

Internet Explorer5のセキュリティパッチのホームページ。
 
  もし感染したら…
    上記ホームページをご覧になり、対応を宜しくお願いいたします。
根本的な解決・予防には専門のアンチウィルスソフトをご購入して予防していただく事をお勧めいたします。
尚、上記のTREND MICRO社のホームページにはオンライン上でウィルスチェックも出来ます。是非、一度お試しください。