(5) 携帯電話の不当料金請求について

不当料金請求の新しい手口にご注意ください
次のようなお問い合わせがあります。

携帯電話に送られてきたメールに書いてあったアドレスをクリックしたら、後日何万円もの高額な利用料を請求する電話がかかってきた。支払う必要があるのですか?
携帯電話で見たアダルトサイトの『入口』をクリックしただけでも、入会したことになると言われ、規約をよく読むと確かにそのように書かれていた。どうしたらいいでしょうか?

携帯電話に届いたメールに記載されているURLにアクセスする際には、十分に注意するようにしましょう。

事例1:
受信者ごとに異なる識別番号を持つURLが含まれた迷惑メールが携帯電話に届き、サイトにアクセスされるのを待つ。


URLには識別のための番号が含まれており、携帯電話からアクセスすると送信者によってメールアドレスや携帯電話、アクセスした時刻が特定されてしまう可能性があります。


事例2:
携帯電話でアクセスしたページに「入口」「18歳以上」などと書かれており、リンクをクリックした後表示されたページに、高額な費用を振り込むよう書かれていた。


利用規約には「入会した場合、料金○○○円を3日以内に指定の口座に振り込んでください」など、高額な料金について定められていることが多くなっています。 画面をスクロールしないと利用規約へのリンクが表示されず、入会手続きや会費に関する既定は利用規約の中でも最後のほうに記載するなど、意図的にわかりにくくしていることが多くなっています。
その後、振込みをしないでいると、督促の電話が掛かってきます。

見覚えのない送信元から携帯電話に届いたメールに記載されているURLをむやみにクリックしない。
アクセスをすると金銭にまつわるトラブルに巻き込まれることがあるので不用意にURLをクリックしないようにしましょう。


アクセスする場合は利用規約をよく読む。
無料・有料問わず、利用規約には契約内容や料金について書かれているので、最初に必ず目を通すようにして下さい。
(利用規約の一番下に書かれていることもあります)



尚、詳細は総務省のページにも記述されていますのでご覧下さいませ。
メールに記載されたURLへの不用意なアクセスについて
http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/040421_3.html

△ TOP △