■ InfoRyomaのコンピュータ情報 年末年始特別版!!
  年末年始のウイルス感染について
 
  年末年始はウイルスに関する危険性が高くなります!!
    年末年始は時期柄、メールを送る機会、貰う機会が増えていると思います。
最近ではクリスマスカードや年賀状に電子グリーティングカードを利用される方も増えています。趣向をこらしたグリーティングカードは貰うと嬉しいものですが、このグリーティングカードに見せかけた添付ファイル付きのメールを送信し、添付ファイルを実行すると感染してしまうといったウイルスが発見されています。
また新しいウイルスだけでなく、以前に流行し一旦沈静化したウイルスが再流行する危険もあります。
普段あまりパソコンを使わない人も、年賀状作りや挨拶メールなどで、パソコンを使う機会が増えます。普段パソコンを使わない人のウイルス対策はおろそかになりがちで、以前流行したウイルスにまで感染してしまう可能性があります。

このようにメールを良く使う時期を狙ってウイルスは感染を拡大させていきますのでこの時期は特にウイルス感染について注意しましょう。

 
  予防対策
    当然、日頃から行なわれている予防策が最善です。

ウインドウズアップデートは必ず行なう
ご利用のソフトのバージョンアップをこまめに行なう
電子メールソフトのプレビューウインドウは設定しない
知らない人から来たメールの添付ファイルは起動しない
ウイルス対策ソフトの導入InfoRyomaのウイルスチェックのサービスに加入する
などです。

こういった事を注意して頂くだけでウイルス感染の確率はぐっと減少します。
皆様、ご注意頂き年末にも楽しくインターネットをご利用下さい。

 
  主な関係機関の注意喚起
『年末・年始における情報セキュリティ対策の緊急の注意喚起』
警察庁・総務省・経済産業省
http://www.soumu.go.jp/s-news/2003/031224_2.html

『年末年始における注意喚起』
独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)
http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert171220.html