InfoRyomaへのBフレッツ接続設定 WindowsXP版


はじめに
WindowsXPは、Microsoft社製のソフトウェアです。
この文書ではインターネット接続ウィザードを用いて、ダイヤルアップIP接続を行う際の設定を説明します。 パソコンの種類、メーカー、販売時期、WindowsXPのバージョンによって設定方法が異なっている可能性がありますのでお気をつけ下さい。
下記の内容は全て会員登録にある情報です。設定する時は必ず、会員登録通知書が手元ある状態でお願いいたします。
接続するとき用意するもの
 1.OS(オペレーションシステム)がWindowsXPのパソコン
 2.ONU(回線終端装置)とルータ(必要なら)
 3.Bフレッツ回線
 4.InfoRyomaの会員登録通知書


セットアップの方法
(1) 先ず、『スタートメニュー』を起動し、『コントロールパネル』を起動します。(下図1)


図1


(2) 表示されたウィンドウ上の『ネットワークとインターネット接続』(下図2)を起動します。


図2


(3) 表示されたウィンドウ上の『インターネット接続のセットアップや変更を行う』を起動します。(下図3)


図3


(4) 表示されたプロパティウィンドウ上の『接続タブ』をクリックし『セットアップ』を起動します。(下図4)


図4


(5) 表示されたウィンドウ上の『次へ』をクリックします。(下図5)


図5


(6) 表示されたウィンドウ上の『インターネットに接続する』をクリックします。(下図6)
その後『次へ』をクリックして下さい。


図6


(7) 表示されたウィンドウ上の『接続を手動でセットアップする』をクリックします。(下図7)
その後『次へ』をクリックして下さい。


図7


(8) 表示されたウィンドウ上の『ユーザー名とパスワードが必要な広帯域接続を使用して接続する』をクリックします。(下図8) その後『次へ』をクリックして下さい。


図8


(9) 表示されたウィンドウ上の『ISP 名』の項目に『InfoRyoma(ここは名称なので入力は自由です)』を入力して下さい。(下図9) その後『次へ』をクリックして下さい。


図9


(10) 表示されたウィンドウ上の項目を下表1を参照して頂き項目に入力して下さい。(下図10)
その後『次へ』をクリックして下さい。

ユーザー名 接続用ユーザー名
パスワード 接続用初期パスワード
パスワードの確認入力 接続用初期パスワード
*下のチェックボックスにつきましては初期状態のままご利用下さい
*入力の際は『InfoRyoma会員登録通知書』をご覧になり入力をお願いいたします
表1



図10


(11) 以上で接続ウィザードの設定は終了です。(下図11)
完了』をクリックして下さい。


図11



設定の確認
1. 接続ウィザード』完了後、『ネットワークとインターネット接続』ウィンドウが表示されます。(下図12)
ウィンドウ内の『ネットワーク接続』をクリックして下さい。


図12


2. 先ほど、名づけた接続のアイコンが表示されます。(下図13)
ここで接続のアイコンをダブルクリックします。


図13


3. InfoRyomaへ接続する画面が起動します。(下図14)
ここで『プロパティ』をクリックします。


図14


4. InfoRyomaへ接続するアイコンのプロパティウィンドウが起動しますので『セキュリティ』タブをクリックします。(下図15)
ここで『標準』をクリックして『IDを認証する方法』項目で『セキュリティで保護されていないパスワードを許可する』を選択します。


図15



接続の方法
(1) スタートメニュー』をクリックし『接続』から『InfoRyomaに接続するアイコン』を起動します。(図16)


図16


(2) InfoRyomaへ接続』画面(図17)が表示されます。
接続用ユーザー名(Bフレッツ用)』、『接続用初期パスワード(米印で表示されます)』を入力されているのを確認して頂き、『接続』ボタンをクリックして下さい。
図18が表示され、図19が表示されたのちに接続します。

図18
図17 図19


(3) 接続されますと表示された画面の右下に以下のアイコン(図20)が表示されます。


図20


(4) 接続できましたらブラウザソフト(Internet ExplorerもしくはNetscape Navigator)を起動して下さい。ホームページが表示される事と思います。
表示されましたら設定は完了です。
次回からはブラウザソフトや電子メールソフトを直接起動して下さい。
接続の画面が表示されます。



切断の方法
画面右下に表示されている『接続中のアイコン』を右クリックし、『切断』をクリックして下さい。


図21