Outlook Expressの利用方法


メールの受信
自分宛ての電子メールは、プロバイダのメールサーバーにたくわえられます。そのためそのメールサーバーにある自分宛てのメールを読むためには、プロバイダに接続し、自分のパソコンに取り込む(ダウンロード)という作業が必要となります。

1. デスクトップ上のOutlook Expressのアイコンをクリックするか、または 「スタート」メニューの「プログラム」→「Internet Explorer」→「Outlook Express」を選択し、「Outlook Express」を起動してください。

2. 「ツール」→「送受信」を選択してください。メールが受信できたら、「受信トレイ」が太字になり、後ろに受信したメール数が表示されます。「受信トレイ」を開くと自分宛てに送られてきたメールの一覧があるので、見たいメールをクリックしてください。




メールの送信
電子メールを送るには、まずオフライン(Inforyomaに接続していない状態)でメールを作成し、一度「送信トレイ」にためておき、内容や宛先を確認した後にまとめて送信します。

1. デスクトップ上のOutlook Expressのアイコンをクリックするか、または 「スタート」メニューの「プログラム」→「Internet Explorer」→「Outlook Express」を選択し、「Outlook Express」を起動してください。

2. 「作成」→「メッセージの作成」を選択してください。
「メッセージの作成」ウィンドウが開きます。




(1) 「宛先」を入力します。「受信者名を入力するにはここをクリック」と書かれてあるところをクリックし、送りたい相手の電子メールアドレスを入力してください。

※1.複数の相手に送りたい時は、各アドレスを「カンマ(,)」または「半角スペース」で区切ってください。

※2.「こんな内容のメールを上の宛先の人に送りました。」ということを知らせたい相手には、「CC」にそのアドレスを入力してください。 「CC」は受け取った人からも誰に同じ内容を送ったのかわかるようになっているので、どの人に同じ内容を送ったのかを知られると困るような場合は「BCC」にアドレスを入力してください。この時、宛先はご自分のアドレスを入力してください。

(2) 「件名」を入力します。「件名を入力するにはここをクリック」と書かれてあるところをクリックし、メールのタイトルを入力してください。

(3) 画面の下にある空欄に本文を入力してください。
メールを受け取った方が見やすいように、一行をあまり長くせず、適当な位置で改行したり、段落を空行(何もない行)で区切るなどの工夫をしてください。

※Outlook Express ではテキスト形式かHTML形式のどちらかで送信することになっていますが、HTML形式では送信先のメールソフトがOutlook Express以外だとうまく表示されない場合がありますので、テキスト形式で送信してください。

「ツール」→「オプション」を選択。「送信」タブの中の「メール送信の形式」の項目で「テキスト形式」にチェックする。




(4) 入力に誤りがないか確認した後、「送信」ボタンを押して「送信トレイ」に保存します。

3. 「Outlook Express」の画面に戻ったら、「送信トレイ」が太字になって後ろに未送信メッセージ数が表示されるのを確認してください。「送信トレイ」をクリックするとそのメールの内容が表示されるので、再度確認し、「ツール」→「送受信」をクリックしてください。
以上でメールの送信は完了です。尚、メールが送信できたら「送信トレイ」は空になり、「送信済みアイテム」のなかにその送信したメールが保存されます。