ホームページビルダーのファイル転送によるFTPの方法


FTPってなに?
FTPというのはFile Transfer Protocol(ファイル転送プロトコル)の略。FTPは自分で作ったホームページのファイルをWWWサーバーに送受信する時などにご利用頂けます。テキストだけでなく画像などのバイナリデータも送受信できる仕組みのこと。


FTPを使うには何が必要?
ご自分のコンピュータがインターネットに接続されている必要がありますが、同時にFTP専用のソフトが必要です。通常、WindowsPCにはFTPソフトが付属していますがこちらはコマンドラインでの利用になる為、非常に扱いづらく普通はエクスプローラ風のFTP専用ソフトをご利用になってデータのアップ・ダウンロードを行う場合が多いようです。
今回は中でもよくお客様がご利用されていらっしゃる事の多い『ホームページビルダーのファイル転送ソフト』をご紹介します。


ファイル転送ソフト』を設定しましょう
1. ファイル転送』を起動します。
スタートメニューから起動する方法(図1)もありますし、ホームページビルダー本体から呼び出す方法(図2)もあります。

図1


図2



2. まず最初に『ファイル転送設定』(図3)が起動しますので設定を行います。
設定終了後、『O.K』をクリックして下さい。

図3

設定項目は以下の5項目(表1)になります。
設定時には必ずInfoRyoma会員登録通知書(キャビネットサービス用)をお持ちください。
なお、設定などに不明な点がある場合は以下のホームページをご覧下さい。



サーバープロファイル名 InfoRyoma会員登録通知書の記載内容
(図2はInfoRyomaとなっていますが何をご入力頂いても結構です)
接続先のサーバー名 データ登録(FTP用)IDホスト名
ユーザーID データ登録(FTP用)ID
パスワード データ登録(FTP用)ID初期パスワード
サーバーの初期フォルダの設定 特に設定の必要はありません。
表1


3. ファイル転送』画面(図4)が起動します。

図4



ファイル転送』の利用方法
1. データ登録用サーバに接続する
『接続』ボタン(図5)を押してデータ登録用サーバに接続します。

図5

2. 接続出来ましたら図6のように右側にホストの内容(表2)が表示されます。

図6

法人会員用キャビネットサービスの場合 右側には最初からフォルダとファイルが表示されていますがそのままご利用下さい。
詳細は法人向けキャビネットサービスの利用方法をご覧下さい。
バーチャルキャビネットサービスの場合 右側には最初からフォルダとファイルが表示されていますがそのままご利用下さい。
個人会員用キャビネットサービスの場合 右側に『public_html』フォルダが表示されます。
こちらを開いて(ダブルクリックして)その中にアップロードして下さい。
詳細は個人向けキャビネットサービスの利用方法をご覧下さい。
SOHOキャビネットサービスの場合 右側には最初からフォルダとファイルが表示されていますがそのままご利用下さい。
詳細はSOHOキャビネットサービスの利用方法をご覧下さい。
表2


3. サーバにデータをアップロードしてみる
左側の画面でアップロードしたいファイルを選択します(図7)。
ここでは『index.htm』を選択しています。
次にプログラム中ほどにある上下のボタン(図8)の上向きのボタンをクリックします。
そうしますと右側にファイルが転送(アップロード)されます(図9)。


図7


図8


図9


ダウンロードする場合は全く逆で右の画面でファイルを選択して、中ほどの画面の上下のボタンの下向きのボタンをクリックします。
そうしますと左側の画面にファイルが転送(ダウンロード)されます。


ファイル削除の方法
ファイルの削除の方法は簡単に行えます。
削除したいファイルを右クリックして『ファイルの削除』を左クリックします(図10)。
そうしますと確認画面が表示されます(図11)。
確認画面上の『はい』をクリックしますとファイルは削除されます。


図10


図11



ファイルの実行権(パーミッション)変更方法
ファイルの実効権変更方法も簡単に行えます。
変更したいファイルを右クリックして『アクセス権の変更』を左クリックします。
そうしますと実効権の変更画面が表示(図12)されますのでこちらで変更します。


図12


実行権(パーミッション)の変更内容などは自己責任のもと、行うようにお願い申し上げます。


FTPの際の注意
ファイルの大文字小文字の注意
ローカル(パソコン上)では大文字小文字の区別は無いですが、サーバに送ると大文字小文字の区別があります。リンクなどに支障が出ます。特に拡張子は全て大文字か小文字で統一した方がいいです。
注意しましょう。

トップページの注意
InfoRyomaではトップページは『index.htm』または『index.html』となっております。強制ではありませんが、トップページの場合にファイル名を指定しなくて良くなりますので、なるべく『index.htm』または『index.html』にしてください。
注意しましょう。