InfoRyomaへのダイヤルアップ接続設定 MacOS X 版


はじめに
MacOS Xは、Apple社製のソフトウェアです。
ここでは『MacOS X』に標準で搭載されているネットワーク設定によるダイヤルアップ接続方法を記述いたします。
下記の内容は全て会員登録通知書に表記している情報です。設定する時は必ず、会員登録通知書が手元にある状態でお願いいたします。
接続するとき用意するもの
 1.OS(オペレーションシステム)がMacOS XPのPC
 2.ダイヤルアップモデム(内蔵もしくは外付け)またはターミナルアダプタ
 3.アナログ電話回線もしくはISDN回線
 4.InfoRyomaのダイヤルアップ接続用会員登録通知書


セットアップの方法
(1) アップルメニュー』より『システム環境設定』を起動します。(下図1)
もしくは画面下方のDockに登録されている『System Preferences(システム環境設定)』(図2)を起動して下さい。

 
図1   図2


(2) 表示されたウィンドウ(図3)上の『ネットワーク』(図4)を起動します。

 
図3   図4


(3) 起動したウィンドウ中部(図5)の『場所』から『新しい場所』を起動し(図6)、分かりやすい名称(図7ではInfoRyoma)を入力します。

図5
 
図6   図7


(4) 表示』を『内蔵モデム』に変更します。(図8)


図8


(5) TCP/IP』タブをクリックします。
入力項目に必要な情報(表1)を入力します。(図9)

設定 PPPを使用』を選択する
ドメインネームサーバ 入力不要です。
入力が必要な場合は【202.248.142.130】を入力して下さい
検索ドメイン 入力不要です。
入力が必要な場合は【inforyoma.or.jp】を入力して下さい
表1



図9


(6) PPP』タブをクリックします。
入力項目に必要な情報(表2)を入力します。(図10)

サービスプロバイダ InfoRyoma
(こちらは名称ですので何を入力して頂いても問題ありません)
電話番号 アクセスポイント電話番号
(図10には例として全国共通アクセスポイントを入力しています)
代替番号 入力の必要はありません
アカウント名 接続用ユーザ名
パスワード 接続用初期パスワード
*パスワードの保存につきましてはご利用方法により選択をお願い致します。
表2



図10


(7) PPPオプション』タブをクリックします。
チェック項目において必要な情報(表3)をチェックします。(図11)

セッションオプション
TCP/IPアプリケーションを起動する時に
自動的に接続する
チェックをしておきます。
(ブラウザソフトやメールソフトの起動時に接続しようとしますので
用途に応じて設定をお願いします
)
ユーザがログアウトするときに接続を
解除する
チェックをしておきます。
詳細オプション
PPPエコーパケットを送信 チェックをしておきます。
TCPヘッダ圧縮を使う チェックをしておきます。
表3



図11


(8) モデム』タブをクリックします。
入力項目に必要な情報(表4)を入力します。(図12)

モデム お客様がご利用のモデムを選択します。
外付けモデム(TA等)の場合はモデム情報ファイルのインストールが必要な場合があります。
そちらのインストールは各モデムの取扱説明書をご覧下さい。
(図12では例として『Apple Internal 56K Modem(v.90)』を選択しています)
スピーカ どちらでも問題ありません。
ダイアル お客様の環境により異なります。
電話回線がデジタル回線の方は『トーン』を、アナログ回線の方は『パルス』を選択して下さい。
表4



図12


(9) 設定が終了しましたら左上の終了ボタンをクリックします。
そうしますと変更点の保存の確認ウィンドウが表示されますので『保存する』をクリックし終了してください。(図13)


図13


以上で設定は終了です。