Outbound Port25 Blockingとは


サブミッションポート(ポート587)と送信者認証機能(SMTP認証)を使ったメール送信の仕組み

 一般的に電子メールの送信には、メールの配送処理を行うSMTPと呼ばれるプロトコルが用いられ、ポート番号と呼ばれるサービスを識別する番号は25番が使われます。このポートとは別に、お客様から送信されたメールを受け付ける専用のポート「サブミッションポート」とIDとパスワードで認証を行う「送信者認証」と組み合わせることで、不正なメールの送信を減らします。


サブミッションポート(ポート587)と送信者認証機能(SMTP認証)導入のメリット

figure04.gif

◆メリット1

メール送信の際にお客様のアカウントとパスワードによる認証が行われますので、将来的には「送信者認証」を行わないメールの送信を許可しないことで、本来の弊社のお客様ではない第三者がなりすましによりメールを不正に送信することを未然に防ぐことが可能になります。これにより、インターネットに流通する迷惑メールを減らすことができます。


figure03.gif

◆メリット2

メール型のウィルス(ワーム)は、お客様のパソコンの中に保存されているメールアドレスを探し出して勝手にメールを送信しつづけ感染を広げようとします。今後の「Outbound Port25 Blocking(*1)」の実施により、お客様が意図せずにウィルス感染したメール送信してしまう心配がなくなります。

*1「Outbound Port25 Blocking」とは、迷惑メール対策テクノロジのひとつで、接続をしているプロバイダのメール送信サーバを利用せずに、外部のサーバを中継してメールを送信する際に利用する出入り口(Port25)の利用を制限することで不正なメール送信を防ぐ施策です。


figure02.gif

◆メリット3

プロバイダによりましては、迷惑メールを減らすための有効な対策として「Outbound Port25 Blocking」を実施するケースが一般化しつつあります。このような環境下でも通常使用するポート(25番)ではなく「送信者認証」を行う別のポート(587番)を使い、セキュリティーに配慮した状態でメールを送信できるようになります。(*2)

*2 従来、外部ネットワークからReSET.JPのメールサーバを利用してメール送信する方法としてご提供をしていた「POP before SMTP」についても移行期間を設け、当面は継続して提供をさせていただきます。