nPOPによるメールサーバ上の受信できないメールの削除方法


このページでは現在メールサーバにあるメールの一覧を取得でき、そのメールをダウンロードする事無く、削除する事の出来る『nPOP』をご紹介します。
このソフトをご利用頂く事により、メールのトラブル時に有効にご利用下さい。


nPOP』のインストール
1. ダウンロード
『nPOP』のダウンロードは以下のHPにて行えます。
◆ 『nPOP』ホームページ
http://www.nakka.com/soft/npop/


ご自身の端末に合ったバージョンをダウンロードして下さい。
自己解凍形式lzh形式の物とありますが自己解凍形式をお勧めします。

2. 解凍
ダウンロードすると『1』で選んだファイル(図1)がフォルダに出来ています。
注)アイコンはお客様の環境によって異なリます。


図1

ここで自己解凍形式の場合はアイコンをダブルクリック、lzh形式を選んだ場合はお持ちの解凍ソフトをご利用になり解凍をお願いいたします。
解凍が終了するとファイルが生成されます。(図2)
このファイルが生成されていたら解凍は終了です。


図2



nPOP』の設定方法
1. 起動
解凍後できたプログラムファイル(図3)を起動するとアカウント設定画面が起動します。
ここでアカウントの設定を行います。
注)カウントの設定画面は『nPOP』起動後の『アカウント』⇒『設定』でも表示されます。


図3


2. 設定
設定は以下のように行います。
(設定時にはInfoRyoma会員登録通知書をお手元にお持ち下さい)

a. 受信設定
アカウント設定の受信タブ(図4)にて受信の設定を行います。
設定項目は以下の通りです。

アカウントの名前 InfoRyoma(ここは名称なので何を入力されても構いません)
POP3サーバ 電子メールサーバー名(POP3,SMTP)
ポート番号 110
ユーザ名 メール用ユーザー名(アカウントID)
パスワード メール用初期パスワード(変更された方は変更後のパスワード)
APOPを使って認証 特にチェックの必要はありません
巡回チェック対象外 特にチェックの必要はありません


図4


b. 送信設定
アカウント設定の送信タブ(図5)にて送信の設定を行います。
設定項目は以下の通りです。

名前 お名前をご入力下さい。(特に本名である必要はありません)
メールアドレス 電子メールアドレス
SMTPサーバ 電子メールサーバー名(POP3,SMTP)
ポート番号 587
SMTP認証 特にチェックの必要はありません
POP before SMTP 特にチェックの必要はありません
(外部ネットワークから接続の方のみチェックをお願いします)
送信時に自分宛てにコピーを送信 特にチェックの必要はありません


図5


c. 接続設定
アカウント設定の接続タブ(図6、7)にて接続の設定を行います。
設定項目は以下の通りです。

LAN接続
ダイヤルアップ接続
お客様の環境に応じてお選び下さい。
LAN接続を選ばれた方は以下の設定は必要ありません。
接続先 InfoRyomaへのダイヤルアップ接続のアイコンをお選びください。
ユーザ名 接続用ユーザー名(アカウントID)
パスワード 接続用初期パスワード
既に接続中の場合は接続し直す 特にチェックの必要はありません


図6
フレッツADSL、Bフレッツ、LAN接続の場合

図7
ダイヤルアップ接続、フレッツISDN接続の場合


以上で設定は完了です。


nPOP』のご利用方法
メール削除の方法
1. 方法
nPOP』を起動します。
送受信』(図8)をクリックして『巡回チェック』を起動します(図9)。

図8

図9


削除したいメールを右クリックして削除用にマークをクリックします(図10)。

この時、メールをダブルクリックするとメールを受信します。
メールの確認をされたい場合はダブルクリックして内容をご確認下さい。
この場合は添付ファイルを受信しません。



図10


そうしますと図11のように印が表示が変わります。

図11


この状態で『送受信』をクリックして『マークしたものを実行』をクリックします(図12)。
この時、図13が表示されますので確認後、『はい』をクリックして下さい。
削除が実行されます。

図12

図13


元の画面(図14)が表示され削除されていれば完了です。

図14



nPOP』は中島 智秋氏によるフリーソフトウェアです。