Windowsメールでの設定方法


Windowsメールについて
Windowsメールは、 Outlook Express の後継メール ソフトウェアです。
Windowsメールは、 Outlook Express を基に開発されており、より便利に楽しく電子メールを使用するためのさまざまな機能が搭載されています。
フィッシングの危険性や迷惑メールのわずらわしさを軽減する機能もあります。
ここでは設定方法、および設定確認方法について説明いたします。

Windowsメール設定方法
1. スタートメニュー』を起動し、『すべてのプログラム』の中から『Windowsメール』をクリックし起動します。




2. ツール』をクリックし『アカウント』をクリックします。




3. 追加』をクリックし、次の画面で『電子メールアカウント』を選択し、『次へ』をクリックしてください。






4. 表示名にはお名前やハンドルネームを入力して、『次へ』をクリックしてください。




5. 電子メールアドレスには会員登録通知書記載の【電子メールアドレス】を入力してください。
次へ』をクリックします。




6. 電子メールサーバーの設定をします。入力項目は以下の通りです。設定したら『次へ』をクリックしてください。
電子メールサーバーの種類 POP3
受信メール(POP3またはIMAP)サーバー名 会員登録通知書記載の【電子メールサーバー名(POP3,SMTP)】
送信メール(SMTP)サーバー名 会員登録通知書記載の【電子メールサーバー名(POP3,SMTP)】
送信サーバーは認証が必要』にはチェックを入れないでください。




7. ユーザー名とパスワードを設定します。入力項目は以下の通りです。
パスワードを保存する』にチェックを入れ『次へ』をクリックします。
ユーザー名 会員登録通知書記載の【メールID】(メール用ユーザー名)
パスワード 会員登録通知書記載の【メール初期パスワード】




8. 設定完了です。『完了』をクリックしてください。




Windowsメール設定確認方法
Windowsメールに設定した内容を確認したい場合や修正する場合は以下の手順をご参照ください。
1. Windowsメールを起動します。起動したら『ツール』をクリックし、次に『アカウント』をクリックします。




2. インターネットアカウントの画面が開きます。
設定したアカウント名が表示されますので選択し、『プロパティ』ボタンをクリックし、メールのプロパティ画面を開きます。




3. メールアカウント』、『名前』、『電子メールアドレス』を確認してください。
確認項目は以下です。
メールアカウント アカウント名(任意の名前):必須項目
名前 名前、ハンドルネーム:必須項目
組織 会社名など
電子メールアドレス 会員登録通知書記載の【電子メールアドレス】※1:必須項目
返信アドレス 送信先の相手に返信してもらいたいアドレス(※1以外のアドレス)





4. サーバー』のタブをクリックし以下を確認してください。
電子メールサーバーの種類 POP3
受信メール(POP3またはIMAP)サーバー名 会員登録通知書記載の【電子メールサーバー名(POP3,SMTP)】
送信メール(SMTP)サーバー名 会員登録通知書記載の【電子メールサーバー名(POP3,SMTP)】
ユーザー名 会員登録通知書記載の【メール用ユーザー名】
パスワード 会員登録通知書記載の【メール用初期パスワード】
セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする』と『このサーバーは認証が必要』にチェックが入っている場合は外しておいてください。




5. 接続』のタブをクリックし接続の方法を確認してください。
ルータ未使用時: このアカウントには次の接続を使用する』にチェックを入れ▼をクリックし一覧から接続名を選択
ルータ使用時: このアカウントには次の接続を使用する』にチェックを入れない。
あるいは、チェックを入れ▼をクリックし一覧から『ローカルエリアネットワーク(LAN)』を選択




6. 確認したら『OK』で閉じてください。