InfoRyomaへの接続設定 Windows95版


はじめに
MS-Windows95は、Microsoft社製のソフトウェアです。このファイルではインターネット接続ウィザードを用いて、ダイヤルアップIP接続を行う際の設定を説明します。 パソコンの種類、メーカー、販売時期、Windows95のバージョンによって設定方法が若干異なっている可能性があります。

インストール画面付きはこちらをどうぞ!
プリントアウトする時等にお使いください。

接続するとき用意するもの
 1.パソコン(Windows95インストールモデル)
 2.モデム(内蔵型は除く)
 3.電話線
 4.Windows95のCDもしくはFD


セットアップの方法
「スタート」メニューの「プログラム」、「アクセサリ」、「インターネットツール」、「インターネット接続ウィザード」を選択し、「インターネット接続ウィザード」を起動します。

「次へ>」を選択し、下記のように設定してください。
「手動」を選択します。

「次へ>」を選択してください。

「電話回線を使って接続する」を選択し、「次へ>」を選択してください。
※LANをお使いでないお客様は、上記の画面は出てきません。(5)にお進み下さい。

「Windows Messagingは使用しない」を選択し、「次へ>」を選択してください。
ここでは「Windows Messaging」の紹介は行いません。

「次へ>」を選択してください。表示される画面はお客様の環境によって異なりますので、ご注意下さい。
セットアップ済みのモデムを選択してください。
モデムのセットアップが完了していない場合はモデムウィザードが実行されますのでモデムのセットアップを行ってください。

サービスプロバイダ名を入れてください。ここでは「InfoRyoma」と入れて「次へ>」を選択してください。

接続先の電話番号を入力して「次へ>」を選択してください。(市外局番は空白にしてください。)
国番号は「日本(81)」を選択してください。
設定したら、「次へ>」を選択してください。
※「ダイヤル後にターミナルウィンドウを表示する」にはしるしを入れないでください。

ユーザー名は「会員登録通知書」のユーザー名を設定してください。
パスワードは「会員登録通知書」初期パスワードを設定してください。(パスワードは下図のように"*"で表示されます。気をつけましょう!)
設定したら、「次へ>」を選択してください。

「インターネットサービスプロバイダが自動的に割り当てる」を選択し、「次へ>」を選択してください。

「DNSサーバー」には何も入力せず「次へ>」を選択してください。

「完了」を選択してください。


設定の確認
「スタート」メニューの「プログラム」、「アクセサリ」、「ダイヤルアップネットワーク」を選択し、「ダイヤルアップネットワークフォルダ」を起動してください。

「ダイヤルアップネットワーク」フォルダに、(7)で指定した接続名(例ではInfoRyoma)でアイコンが作成されていますので、マウスの右ボタンで選択し、「プロパティ」を開いてください。開いたら(8)で入力した電話番号と(6)で入力したモデムの種類を確認してください。

次に「サーバーの種類」を選択してください。
サーバーの種類は「PPP:Windows95...........」を選択してください。
詳細オプションは「ソフトウェア圧縮をする」だけを選択してください。
使用できるネットワークプロトコルは「TCP/IP」だけを選択してください。

次に「TCP/IP」設定を選択してください。
IPアドレスの設定は「サーバーが割り当てた........」を選択してください。
ネームサーバーの設定は「サーバーが割り当てたネームサーバーアドレス」を選択してください。
IPヘッダー圧縮を使用は使用に設定してください。
リモートネットワークでデフォルトのゲートウェイを使用は使用に設定してください。


InfoRyomaへの接続
「ダイヤルアップネットワーク」フォルダのセットアップで作成したアイコン(例ではInfoRyoma)を選択し、起動してください。

ウィンドウが開いたら、下記のように設定してください。
ユーザー名は「会員登録通知書」のユーザー名を設定してください。
パスワードは「会員登録通知書」の初期パスワードを設定してください。
(パスワードは下記の通り"*"で表示されます。お気を付け下さい。)

次に接続を選択してください。接続が完了すると接続中のウィンドウが表示されます。これで接続は完了しております。

もしくは画面の右下にアイコンが出来ています。