InfoRyomaへの接続設定 Windows98 For IE5版


はじめに
MS-Windows98は、Microsoft社製のソフトウェアです。
この文書ではインターネット接続ウィザードを用いて、ダイヤルアップIP接続を行う際の設定を説明します。 パソコンの種類、メーカー、販売時期、Windows98のバージョンによって設定方法が異なっている可能性がありますのでお気をつけ下さい。
下記の内容は全て会員登録にある情報です。設定する時は必ず、会員登録通知書を手元ある状態でお願いいたします。

インストールの画面付きのホームページはこちらです。
尚、次のページには前のページに戻るリンクはございませんのでブラウザのバックボタンなどでお戻り下さい。


接続するとき用意するもの
 1.OS(オペレーションシステム)がWindows98のパソコン
 2.モデム(内蔵型は除く)、ターミナルアダプタ
 3.電話線またはISDN回線
 4.Windows98のCD-ROMもしくはFloppy Disk
 5.InfoRyomaの会員登録通知書


セットアップの方法
「スタート」メニューの「プログラム」⇒「アクセサリ」⇒「通信」⇒「インターネット接続ウィザード」を選択し、「インターネット接続ウィザード」を起動します。
下図のようなウィンドウが開きます。

『インターネット接続を手動で設定するか、またはローカルエリアネットワーク(LAN)を使って接続します』を選択した後に「次へ>」を選択してください。

『電話回線とモデムを使ってインターネットに接続します』を選択し、「詳細設定」を選択してください。

ご利用のモデムのドライバを選択し、「次へ>」を選択してください。
外付けモデムをご利用の方のみ表示されます。

接続先の電話番号を入力して「次へ>」を選択してください。
(市外局番は空白にしてください。)

ダイヤルアップ接続先電話番号 0570-01-1711
PIAFS接続先電話番号 0035-054-100040
フレッツISDN 1492

接続の種類》は『PPP (Point to Pointプロトコル)』、《ログオンの手続き》は『なし』を選択し、上部の「アドレス」タブをクリックして下さい。

IPアドレス》は『インターネットサービスプロバイダによる自動割り当て』、《DNS サーバーアドレス》は『ISPによるDNS(ドメインネームサービス)の自動割り当て』を選択し「O.K」をクリックして下さい。
次に前の画面に戻りますのでその画面の「次へ」をクリックして下さい。

ユーザー名》には『接続用ユーザー名』、《パスワード》には『接続用パスワード』を入力し、「次へ」をクリックして下さい。

接続名》を設定して下さい。
ここは名前ですので何を設定されても宜しいのです。
例では便宜上[InfoRyoma]としています。
設定終了後「次へ」をクリックして下さい。

インターネットメールアカウントを設定しますか?》という項目は『はい』を選択して「次へ」をクリックしてください。

新規のインターネットメールアカウントを作成する』を選択して頂いて「次へ」をクリックして下さい。

表示名》に『送信者のお名前』を入力して「次へ」を選択してください。
尚、こちらに入るお名前は送信した時に送信者として送られるものです。
なるべく分かりやすい物にしましょう。

電子メールアドレス》に『電子メールアドレス』を入力して「次へ」を選択してください。

受信メールサーバーの種類》には『POP3』、《受信メールサーバー》には『電子メールサーバー名』、《送信メールサーバー》にも『電子メールサーバー名』を入力して「次へ」を選択してください。
下図には例として『sun.inforyoma.or.jp』と入力してます。

アカウント名》には『メールユーザー名(アカウント ID)』、《パスワード》には『メール初期パスワード』を入力してください。
『パスワードを保存する』にはチェックを入れていただいても入れて頂かなくても宜しいです。
設定が終了いたしましたら「次へ」をクリックして下さい。

設定は無事完了しましたので「完了」をクリックして下さい。
今すぐインターネットに接続するには…』を選択し「完了」をクリックすると接続が始まります。


設定の確認
「スタート」メニューの「プログラム」⇒「アクセサリ」⇒「ダイヤルアップネットワーク」を選択し、「ダイヤルアップネットワークフォルダ」を起動してください。

「ダイヤルアップネットワーク」フォルダに、(6)で指定した接続名(例ではInfoRyoma)でアイコンが作成されていますので、マウスの右ボタンで選択し、「プロパティ」を開いてください。開いたら(4)で入力した電話番号と(3)で入力したモデムの種類を確認してください。

次に「サーバーの種類」を選択してください。
サーバーの種類》は『PPP:インターネット、Windows…』を選択してください。
詳細オプション》は『ソフトウェア圧縮をする』を選択してください。
詳細オプション》は『この接続のログファイルを記録する』を選択してください。
使用できるネットワークプロトコル》は『TCP/IP』だけを選択してください。

次に「TCP/IP」設定を選択してください。
IPアドレスの設定》は『サーバーが割り当てたIPアドレス』を選択してください。

ネームサーバーの設定》は『ISPによるDNS(ドメインネームサービス)の自動割り当て』を選択し
「O.K」をクリックして下さい。
IPヘッダー圧縮を使う》は『チェック』してください。
リモートネットワークでデフォルトのゲートウェイを使う》は『チェック』してください。


モデムの設定
『設定の確認』
上記の設定の確認画面の『2』の画面の『設定』というボタンをクリックしてください。
そうすると下のようなウィンドウが開きます。内容を確認してください。

ポート(P):内蔵モデムの場合は特に意識する必要はございません。
      外付けモデムの場合はモデムのドライバの設定の際に選択したポートかどうかご確認下さい。

最高速度:〜28,800、33600bpsのモデムの方⇒57600
     〜57,600bpsのモデムの方    ⇒115200
     TA(64,000bps)の方       ⇒115200

次に『接続』を開いてください。

データビット(D)
8
パリティ(P)
なし
ストップビット(S)
1
接続オプションは全てチェックを外してください。

『ポートの設定(O)』、『詳細(V)』は一般的に設定する必要はございません。

次に『オプション設定』を開いてください。

『接続の制御』、『ダイヤルの管理』にはチェックしないで下さい。
『状況の管理』の項目にはチェックをお願いします。


InfoRyomaへの接続
「ダイヤルアップネットワーク」フォルダのセットアップで作成したアイコン(例ではInfoRyoma)を選択し、起動してください。

ウィンドウが開いたら、下記のように設定してください。
ユーザー名は「会員登録通知書」の接続用ユーザー名を設定してください。
パスワードは「会員登録通知書」の接続用初期パスワードを設定してください。
(パスワードは下記の通り"*"で表示されます。お気を付け下さい。)

次に「ダイヤルのプロパティ」を開いてください。
外線発信の電話をお使いの場合は外線発信番号を入れてください。
ダイヤル方法をお使いの電話回線にあわせて選んでください。
終わりましたら「OK」を押してください。

注) トーン:デジタル方式   パルス:アナログ方式

次に「接続」を選択してください。接続が完了すると接続中のウィンドウが表示されます。これで接続は完了しております。



以上で接続の設定は終了しています。
接続の確認が出来ましたら、ブラウザ(Internet ExplorerNetscape Communicator)を立ち上げてください。そうするとホームページが出てきているはずです。

次からはブラウザや電子メールなどを直接立ち上げてください。
自動的に接続ウィンドウが出てきます。


出てこない場合は「マイコンピュータ」→「ダイヤルアップネットワーク」→「InfoRyoma」のアイコンをダブルクリックします。
すると接続の画面が出てきます。
ここで接続してブラウザや電子メールを立ちあげてインターネットをお楽しみください。