InfoRyomaへの接続設定 Windows98版


はじめに
MS-Windows98は、Microsoft社製のソフトウェアです。
この文書ではインターネット接続ウィザードを用いて、ダイヤルアップIP接続を行う際の設定を説明します。 パソコンの種類、メーカー、販売時期、インターネットエクスプローラーのバージョン、Windows98のバージョンなどによって設定方法が若干異なっている可能性がありますのでお気をつけ下さい。

インストールの画面付きのホームページは こちらです。
尚、次のページには前のページに戻るリンクはございませんのでブラウザのバックボタンなどでお戻り下さい。

接続するとき用意するもの
 1.OS(オペレーションシステム)がWindows98のパソコン
 2.モデム(内蔵型は除く)、ターミナルアダプタ
 3.電話線またはISDN回線
 4.Windows98のCD-ROM


セットアップの方法
「スタート」メニューの「プログラム」→「Internet Explorer」→「接続ウィザード」を選択し、「インターネット接続ウィザード」を起動します。
下図のようなウィンドウが開きます。
そして自動的に次の画面が開きます。

「電話回線またはLAN経由でのインターネットサービスが既にある。このインターネットサービスへ接続できるようにインターネットソフトウェアを設定する(E)」を選択し、「次へ>」を選択してください。

「電話回線を使って接続する」を選択して「次へ>」を選択してください。

お使いのモデムの機種(ドライバ)を選択し、「次へ>」を選択してください。
表示される画面はお客様の環境によって異なりますので、ご注意下さい。
セットアップ済みのモデムを選択してください。
モデムのセットアップが完了していない場合はモデムウィザードが実行されますのでモデムのセットアップを行ってください。

「新規にダイヤルアップ接続を行う」を選択し、「次へ>」を選択してください。

「電話番号」の設定をして「次へ>」を選択してください。
※ここの電話番号はアクセスポイント電話番号です。

「ユーザー名」「パスワード」を入れて「次へ>」を選択してください。
※「ユーザー名」と「パスワード」は「InfoRyoma会員登録通知書」にあります。

「はい」を選択して「次へ>」を選択してください。

「PPP(Point to Pointプロトコル)」を選択して「次へ>」を選択してください。

「ログオン時には何も入力しなくてもよい(D)」を選択して「次へ>」を選択してください。

「インターネットサービスプロバイダが自動的に割り当てる」を選択して「次へ>」を選択してください。

「サーバーが割り当てたネームサーバーアドレス」を選択し「次へ」を選択してください。

「接続名」のなかに「InfoRyoma」と記入して「次へ」を選択してください。
※ここは名前なので何をお入れいただいてもよろしいです。
 ただ、InfoRyomaに接続するアイコンである事が分かるようにしてください。

「はい」を選択して「次へ」を選択してください。

「新規にインターネットメールアカウントを作成する」を選択して「次へ」を選択してください。

「表示名」を記入して「次へ」を選択してください。
※ここの「表示名」はメール先に送られる名前です。
 ご自分と分かる名前にしましょう。

「電子メールアドレス」を記入して「次へ」を選択してください。
※「InfoRyoma会員登録通知書」にある「電子メールアドレス」を記入してください。

下記の事柄を記入して「次へ」を選択してください。
 受信メールサーバーの種類:POP3
 受信メールサーバー   :会員登録通知書の『電子メールサーバー名(POP3,SMTP)』
 送信メールサーバー   :会員登録通知書の『電子メールサーバー名(POP3,SMTP)』

「POPアカウント(ユーザー名)」「パスワード」を記入して「次へ」を選択してください。
※個人会員の方はメールアカウントとメール初期パスワードを記入してください。
 法人会員の方はメール用ID、メール用パスワードを記入してください。

「インターネットメールアカウント名」を記入して「次へ」を選択してください。
※こちらは名称です。名前をご入力下さい。

「いいえ」を選択して「次へ」を選択してください。
※ここではニュースの設定はいたしません。

「いいえ」を選択して「次へ」を選択してください。
※ここではインターネットディレクトリサービスの設定はいたしません。

「完了」を選択してください。

以上で設定は完了です。


設定の確認
「スタート」メニューの「プログラム」、「アクセサリ」、「ダイヤルアップネットワーク」を選択し、「ダイヤルアップネットワークフォルダ」を起動してください。

「ダイヤルアップネットワーク」フォルダに、(7)で指定した接続名(例ではInfoRyoma)でアイコンが作成されていますので、マウスの右ボタンで選択し、「プロパティ」を開いてください。開いたら(8)で入力した電話番号と(6)で入力したモデムの種類を確認してください。

次に「サーバーの種類」を選択してください。
サーバーの種類は「PPP:Windows98...........」を選択してください。
詳細オプションは「ソフトウェア圧縮をする」だけを選択してください。
詳細オプションは「この接続のログファイルを記録する」だけを選択してください。
使用できるネットワークプロトコルは「TCP/IP」だけを選択してください。

次に「TCP/IP」設定を選択してください。
IPアドレスの設定は「サーバーが割り当てた........」を選択してください。
ネームサーバーの設定は「サーバーが割り当てたネームサーバーアドレス」を選択してください。
IPヘッダー圧縮を使用は使用に設定してください。
リモートネットワークでデフォルトのゲートウェイを使用は使用に設定してください。


モデムの設定
『設定の確認』
上記の設定の確認画面の『2』の画面の『設定』というボタンをクリックしてください。
そうすると下のようなウィンドウが開きます。内容を確認してください。

ポート(P):内蔵モデムの場合は特に意識する必要はございません。
      外付けモデムの場合はモデムのドライバの設定の際に選択したポートかどうかご確認下さい。
最高速度(M):内蔵モデムの方⇒57600
       TA(64,000bps)の方⇒115200

次に『接続』を開いてください。

データビット(D)
8
パリティ(P)
なし
ストップビット(S)
1
接続オプションは全てチェックを外してください。

『ポートの設定(O)』、『詳細(V)』は一般的に設定する必要はございません。

次に『オプション設定』を開いてください。

『接続の制御』、『ダイヤルの管理』にはチェックしないで下さい。
『状況の管理』の項目にはチェックをお願いします。


InfoRyomaへの接続
「ダイヤルアップネットワーク」フォルダのセットアップで作成したアイコン(例ではInfoRyoma)を選択し、起動してください。

ウィンドウが開いたら、下記のように設定してください。
ユーザー名は「会員登録通知書」のユーザー名を設定してください。
パスワードは「会員登録通知書」の初期パスワードを設定してください。
(パスワードは下記の通り"*"で表示されます。お気を付け下さい。)

次に「ダイヤルのプロパティ」を開いてください。
外線発信の電話をお使いの場合は外線発信番号を入れてください。
ダイヤル方法をお使いの電話回線にあわせて選んでください。
終わりましたら「OK」を押してください。

注) トーン:デジタル方式   パルス:アナログ方式

次に「接続」を選択してください。接続が完了すると下記のようなウィンドウが表示されます。これで接続は完了しております。



もしくは画面の右下にこういうアイコン(○付き)が出来ています。




以上で接続の設定は終了しています。
接続の確認が出来ましたら、ブラウザを立ち上げてください。そうするとホームページが出てきているはずです。

次からはブラウザや電子メールなどを直接立ち上げてください。
自動的に接続ウィンドウが出てきます。


出てこない場合は「マイコンピュータ」→「ダイヤルアップネットワーク」→「InfoRyoma」のアイコンをダブルクリックします。
すると接続の画面が出てきます。
ここで接続してブラウザや電子メールを立ちあげてインターネットをお楽しみください。