WS_FTP95によるFTPの方法


FTPってなに?
FTPというのはFile Transfer Protocol(ファイル転送プロトコル)の略。FTPは自分で作ったホームページのファイルをWWWサーバーに送るときなど使う、テキストだけでなく画像などのバイナリデータも送受信できる仕組みのこと。


FTPを使うには何が必要?
もちろん自分のコンピュータがインターネットに接続されている必要があるが、同時にFTP専用のソフトが必要です。Windows95には標準でftpソフトがついているが、使いづらいので、今回はWindows環境で非常にポピュラーでフリーソフトの"WS-FTP"を使用して説明します。


WS-FTPのダウンロードをしましょう
WS-FTPのダウンロードサイト
窓の杜から「WS_FTP Limited Edition」をダウンロードして下さい。


WS-FTPをインストールしましょう
先ず最初にダウンロードしたファイルはZIPファイルです。これはお手元の"winzip"や"Lhasa"などで解凍してください。そうすると



こういうウィンドウが出来ます。この中の赤い四角で囲んである"Inst32"を選んでダブルクリックするとインストールが始まります。それでインストールしてください。


WS-FTPを使ってみよう
インストールが終わるとこういうフォルダが出来ています。



それでは赤い四角のWS_FTP95をクリックしてWS_FTPを実際使ってみましょう。

1.アイコンをダブルクリックすると接続画面が出てきます。

 
Profile Name:ここには使う名前を入れてください。尚、日本語表示は出来ない場合がありますのでお気を付け下さい。
(InfoRyomaというのは仮称です)
Host Name/Address:ここにはデータ登録用サーバー名を記述して下さい。
Host Type:ここには「Automatic detect」を入れてください。
User ID:ここには会員登録通知書にあるキャビネット用ユーザー名(メール用ユーザー名)を記述して下さい。
Password:ここにはキャビネット用初期パスワード(メール用初期パスワード)を記述して下さい。
 

2.「OK」を押すと下の画面になります。

 

 上図で、左の画面がローカル(お使いのパソコン)で右画面がサーバとなります。
 そこでInfoRyomaでは「public_html」をお客様のキャビネットフォルダとしてご用意しておりますので画面右の「public_html」をダブルクリックし、その中にホームページを入れてください。

3.WS_FTPの使い方

 

a.ファイルについて
 ウィンドウの下の方に"ASCII"、"Binary"、"Auto"の3つのボタンがあります。下図

  

  "Auto"なら画像ファイルもテキストファイルも両方一度に送信できますが、失敗することがあります。
  なるべくテキストファイル(拡張子は.htm .html .cgiなど)なら"ASCII"に印を入れて送信してください。
  そして画像ファイル(拡張子は.jpg .gif 音声ファイルなども含む)は"Binary"で送信してください。

b.送受信について
 
アップロードするファイル(ダウンロードしたいファイル)を選んで、左図のボタンを押すだけです。
下のボタンを押すと左画面から右画面にファイルが移動(アップロード)します。
上のボタンを押すと右画面から左画面にファイルが移動(ダウンロード)します。
c.ファイルの消し方など
 
ファイルの消し方は左図の"Delete"ボタンを使うだけです。
消すファイルをクリックで選択して、"Delete"ボタンを押してください。これでファイルは消去できます。
注)"Rename"ボタンは名前を変更するときに使います。
  "Refresh"ボタンはフォルダ内を最新情報に変えます。このボタンは頻繁に使いましょう。


ファイルがちゃんと送信されたかどうか確認しましょう
ご自分のホームページを見てみましょう。 アドレスはURL: http://www2.inforyoma.or.jp/~ユーザ名/です。確認しましょう。


FTPの際の注意
ファイルの大文字小文字の注意
ローカル(パソコン上)では大文字小文字の区別は無いですが、サーバに送ると大文字小文字の区別があります。リンクなどに支障が出ます。特に拡張子は全て大文字か小文字で統一した方がいいです。
注意しましょう。

トップページの注意
InfoRyomaではトップページは"index.htm"または"index.html"となっております。強制ではありませんが、トップページの場合にファイル名を指定しなくて良くなりますので、なるべく"index.htm"または"index.html"にしてください。
注意しましょう。