フレッツ・ADSL接続用パスワード変更方法


(1) パスワードの変更はインターネット(InfoRyoma)に接続後、Telnetというアプリケーションを使用します。

Telnetは、WindowsXP/2000の場合は標準で提供されています。
Macintoshは標準で装備されていませんので入手していただくようお願いいたします。


※この変更方法は接続用ユーザー名が『XXX-数字』の形式のお客様に有効です。
 この変更方法では通常のフレッツ・ADSL接続ユーザー名の『@adsl.inforyoma.or.jp』の部分は必要ありません。
 この部分は入力しないようにお願いします。
  注) 上記のXXXは任意のアルファベット3文字です。
  その他の方のユーザー名の変更方法はやり方が異なりますのでお気を付け下さい。


(2) インターネットに接続後、telnetを以下の方法で起動します。
Macintoshの場合はtelnetのソフトを立ち上げてください。
「スタート」の「ファイル名を指定して実行(下図1)」でtelnetを指定してtelnetを起動します(下図2)。

- 図1 - - 図2 -


(3) telnetを起動したら以下の方法でご利用のフレッツ・ADSL接続サーバ(fadpass.inforyoma.or.jp)に接続します。
telnetを起動するとtelnet.exeのウィンドウが表示されます。(下図3)
そのウィンドウの『Microsoft Telnet> 』行に『open fadpass.inforyoma.or.jp』と入力して下さい。


- 図3 -

- 図4 -


(4) ID管理サーバに接続でき、サーバの方からログイン名とパスワードを聞いてきますので「cnpass」、「inforyoma」と入力してください。(下図5)
ユーザー名とパスワードが通ると図6のように表示されます。
注:パスワードは表示されません


- 図5 -

- 図6 -


ここでパスワードを変更する時は1、終了する時は2を入力してください。


(5) パスワードの変更
パスワードの変更方法は先ず、1を入力してリターンキー(Enter)を押します。
そうすると接続用ユーザー名を聞いてきますので接続用ユーザー名を入力してください。
※入力する時の接続用ユーザー名に@adsl.inforyoma.or.jpは必要ありません。

その次に変更前パスワードを入力して下さい。
次に変更後パスワードを聞かれますので変更後パスワードを以下のように2度入力してください。(下図7)


- 図7 -


図7のように表示されれば成功です

下記に失敗例を掲載しておきますのでその後、もう一度チャレンジして下さい。

---------------1--------------
『接続用ユーザー名』もしくは『接続用パスワード(古い方)』が間違っている場合には下表のような文字が表示されます。(表1)

Warning:Recieved invalid reply digest from server
Request Denied
表1


---------------2--------------
新しいパスワードを打つ時に2回目が1回目と異なる場合(打ち間違えた場合)に表示されるエラーです。(表2)

New Passwords didn't match
表2


=================注意点==============
1.この接続用パスワードは非常に大事な物ですのですぐに分からないように
 簡単な単語や名前などにはなるべくしないように気をつけてください。

2.パスワードは6文字から8文字英数字混じりの物にしましょう。

(6) 終了する時
正常終了すると、以下の画面(下図8)が表示されますので一旦何らかのキー(キーボードのボタンなら何でも良いです)を押して下さい。
そうすると下図6が再度表示されますので「番号を入力してください」という所で『2』を入力してリターンキー(Enter)を押します。
そうすると元の画面に戻ります。


- 図8 -


- 図6 -


(7) Telnetを終了する時
上図6上で『2』を押して終了すると、元のTelnetの画面が表示されます。
ここで終了するには、そのウィンドウの『Microsoft Telnet> 』行に『quit』と入力して下さい。
そうしますと画面が終了します。